トップ >> 家族葬が人気になった訳

家族葬が少しずつ増えてきています

家族葬は、一般の会葬者を招かず、身内や親族のみで行われる葬儀のことです。新語で、形態は密葬に近いといわれています。遺族としては、どの程度の範囲の親族まで連絡するかは、いろいろ悩むところですが、故人の希望に沿うのがいいです。今までの葬儀とは異なる形式ですから、身内以外の友人とか近所の人は、参列していいのか迷います。参列する判断の基準としては、遺族側から参列願いがあった場合だけとします。お通夜や49日の法要を省く場合もあります。現代の家族構成等からすると、時代に即したものといえます。

葬儀の要望についての情報